FC2ブログ

忘れっぽいエンジニアのメモ

Linux,UNIX,Networkに関しての個人的な備忘録です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

sendmailの宛先確認

Centos5でホスト名をFQDN形式でないものからFQDN形式に変更後に
sendmailの起動でフリーズしてしまい、解決に1時間もかかってしまったことがありました。
(Networkに接続せずに、DNSにアクセスできない状態です)

複数の問題がからんでいたようですが、
どうやら、hostsに記載したホスト名に問題があったようです。
sendmailは下記のようにFQDNでホスト名を書かないとエラーが発生し、起動できません。

127.0.0.1 localhost.localdomain localhost
192.168.1.1 host

下記のように変更したところ、解決できた!と思いきや解決できませんでした。

192.168.1.1 host.xxx.co.jp host

いろいろと調べたところ、sendmailはデフォルトでnsswitch.confを見ないようで、
/etc/service.switch というファイルがあれば、それを見るらしいのです。

nsswitch.conf同様、最初に/etc/hosts、次にDNSという順序にするには、
以下のように記述します。このファイルはディフォルトでは存在しないと思いますので、
新規作成する必要があります。

/etc/mail/sendmail.cf
O ServiceSwitchFile=/etc/mail/service.switch

/etc/service.switch
hosts files dns
aliases files

hostsまたはaliasesとfilesの区切りはTABでないとダメなようです。

ここまでやって、やっと解決できました。
ホスト名をFQDNに変更後、hostsを書いてOKかと思ったのですが、
どうやらsendmailはhostsを見ないで、DNSに名前解決に行って、
そのままtimeoutでフリーズしたようです。(timeout値が不明なので5分ぐらいまでしか待ってません)

スポンサーサイト
  1. 2008/09/16(火) 11:22:31|
  2. メールサーバ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<MTUとMRUとMSSについて | ホーム | telnetでメール送信>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://manzi007.blog60.fc2.com/tb.php/8-faa76893
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

manzi007

Author:manzi007
レベル18ぐらいのエンジニア
所有資格:RHCE,CCNA,
  情報処理テクニカルエンジニア
  (ネットワーク、セキュリティ)など

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

雑記 (0)
Linux環境 (3)
未分類 (0)
サーバ構築 (2)
メールサーバ (2)
ネットワーク全般 (1)

ここで買ってくれると喜びます

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

訪問履歴

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。