FC2ブログ

忘れっぽいエンジニアのメモ

Linux,UNIX,Networkに関しての個人的な備忘録です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

logwatchに出力を追加する方法

logwatchに、とあるディレクトリに保存されているファイルの容量を
出力する要件があったため、設定した時のメモ

まず、logwatchがどのように動いているかを調べる必要がある。

cat /etc/crontab

02 4 * * * root run-parts /etc/cron.daily

[root@xxxx cron.daily]# ls -l
合計 64
lrwxrwxrwx 1 root root 39 10月 18 19:34 0logwatch -> /usr/share/logwatch/scripts/logwatch.pl

ということで、毎日4時02分に、logwatch.plが実行されていることが分かる。

いつもの如く、/etcの下にあるコンフィグを書き替えるだけだろうと考えていたが、

[root@xxxx cron.daily]# cat /etc/logwatch/conf/logwatch.conf
# Local configuration options go here (defaults are in /usr/share/logwatch/default.conf/logwatch.conf)

コンフィグは/usr/share/logwatchの方にあるらしい
ここで全体的な設定をすることが分かった。

以下、細かいことは省いて理解した内容ですが、

/usr/share/logwatch 以下に存在するものは、RPMやOSが設定したもので、
/etc/logwatch 以下に存在するものは、ユーザが個別に設定するものである。

ユーザが個別に作るディレクトリを/etc/logwatch以外に変更できそうなものだが、
logwatch.confには明言されてはいなかった。

で、本題ですが、結局logwatchに追加するには、

conf(default.conf)/services ディレクトリ以下に xxxx.conf を作り、
scripts/services ディレクトリ以下に xxxxのシェルを作る

上記2点を設定すればOKです。xxxxの部分は同一にする必要があります。
両方ともservicesというディレクトリ名のため、理解に苦しんだがconfとscriptsを作ると
理解してなんとか納得しました。
作成方法としては、/usr/share/logwatch 以下にあるzz-disk_space.confを参考にすると
分かりやすいです。

動作確認には、下記を実行すると、サービス単位で
メールで送付される内容の出力確認ができます。

logwatch -service zz-disk_space -print

以上です。
スポンサーサイト

テーマ:Linux - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/02/27(金) 11:54:38|
  2. Linux環境
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Centos5のbootログ出力

ふと気がついたのだが、Centos4までは起動時に出力されていたboot.logが
Cnetos5では出力されなくなっていた。

syslogをsyslog-ngに変更していたため、その影響かと思ったが、どうやら違うようだ。

googlで検索していたら、下記の書き込みを見つけました。
どうやら5から標準では出なくなったようです。

------------------------------------------------------------------------------------------------
ようやく /var/log/messages にデーモンの起動・停止ログが出力されない理由が分かりました。

CentOS 5(RHEL 5)以降 initlog が非推奨となったんですね
/var/log/boot.log だけへの影響かと思ったらしっかりと /var/log/messages にも orz
/etc/rc.d/init.d/functions の success()で initlog を呼び出してるところがコメントアウトされてました

ちなみにコメントアウトを外すと
WARNING: initlog is deprecated and will be removed in a future release
という表示がコンソールには出ますが /var/log/boot.log と /var/log/messages に記録されるようになりました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

ちなみに、Centos5にsyslog-ngをrpmで入れようとすると、sysklogdに含まれている
/etc/logrotate.d/syslog が競合してエラーになります。
ログローテートの設定ファイルなので、強制インストールで上書きして特に問題は無いはずです。
(私の入手したrpm特有の動作の可能性もあります)

logrotateの設定チェックは、logrotate -dv <設定ファイル>で確認できます。
この際、通常読み込まれる/etc/logrotate.confの設定は無視されるので注意して下さい。
  1. 2008/09/11(木) 10:53:03|
  2. Linux環境
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

sshのパスワード無しログイン方法

sshのパスワード無しログインはいつも忘れてしまうので、メモメモ

V1,V2ともに同じだが、鍵のアクセス権限は600とする。
パスワード入力の際に未入力でエンターを押す。

・V1の場合(古いSolarisなど)

ssh-keygen -b 1024 -t rsa1

/home/xxx/.ssh/identity
/home/xxx/.ssh/identity.pub → authorized_keys にコピー

・V2の場合

ssh-keygen -b 1024 -t dsa
/home/xxx/.ssh/id_dsa
/home/xxx/.ssh/id_dsa.pub → authorized_keys にコピー

ssh-keygen -b 1024 -t rsa
/home/xxx/.ssh/id_rsa
/home/xxx/.ssh/id_rsa.pub → authorized_keys にコピー

公開鍵をアクセス先のauthorized_keysにコピーするだけ。

何か問題があれば、/etc/ssh/sshd.configや
デバッグ ssh -v xxx@server などで出力を確認する。

  1. 2008/08/11(月) 17:36:39|
  2. Linux環境
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

manzi007

Author:manzi007
レベル18ぐらいのエンジニア
所有資格:RHCE,CCNA,
  情報処理テクニカルエンジニア
  (ネットワーク、セキュリティ)など

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

雑記 (0)
Linux環境 (3)
未分類 (0)
サーバ構築 (2)
メールサーバ (2)
ネットワーク全般 (1)

ここで買ってくれると喜びます

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

訪問履歴

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。